« 調理実習(10回目) | トップページ | 大谷資料館 その後 »

2017年7月22日 (土)

地下神殿 大谷資料館

以前、偶然雑誌で目にした地下神殿のような大谷資料館

いつか行きたいところにリストアップされていたのですが

ようやく願いがかなって本日訪問

大谷資料館は大谷石の地下採掘場跡で

広さ20万㎡、深さ30m(最深部は60m)に及ぶ巨大空間

江戸時代中期から昭和30年代までの手掘り跡から

機会による採掘跡まで残り

その歴史と自然の作り出す神秘を感じることができました

早起きして開館9時少し前に到着

Dsc09365

駐車場から資料館へ向かう木陰の道に入っただけで

すでにヒンヤリした空気

Dsc09374

資料館入口の横にある愛の泉…だっけ?

Dsc09375

さて、いよいよ入館

201509022245571

石の壁をつたい地下へ降りていくと

Dsc09377

急に視界が開けて「わーっ!すごーい」と声があがります…ついね

Dsc09379

Dsc09380

館内はとても暗いので写真がナニですが…雰囲気だけね(涙)

201509022246051

Dsc09383

Dsc09384

假屋崎さんの作品

Dsc09385

Dsc09393

自分たちの位置が地表のどの位置か確認するために開けられた穴

Dsc09407

Dsc09409

Dsc09402

Dsc09394

Dsc09395

Dsc09397

Dsc09413

Dsc09415

Img_0004

入館した時は数人だったのに帰るころにはこんな

Img_9998_1

館内の気温は平均8度、今日は10度

流石に長くいるとヒンヤリを通り越して寒くなってきます

神秘的な非日常の光景に浸って大満足でした

つづく…



|

« 調理実習(10回目) | トップページ | 大谷資料館 その後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 調理実習(10回目) | トップページ | 大谷資料館 その後 »