« 2017年3月 | トップページ

2017年4月

2017年4月29日 (土)

ひとり言

お天気の良い朝は

目覚めたら外に出て、朝食に何を作ろうかと考えながら

使うだけの野菜を取り

Dsc07145

玉子を溶いて、チーズとベーコンとパセリを混ぜて

トロリとしたオムレツを作る…

Dsc07143

日に日に膨らんでくる蕾に目を細め

Dsc07152


Dsc07157

小さな花に微笑み

Dsc07154

Dsc07170

豊かな香りに深呼吸し

Dsc07159

水滴のキラキラに心奪われて

Dsc07160

写り込みの面白さに何度もシャッターを押したり…

Dsc07150

そろそろ終盤を迎えたイベリスの花たちに、また来年ね…と言いながら

Dsc07155

落ちる花びらが風に舞ってご近所の迷惑にならないように

早めの整理していると

Dsc07156

時々、お見かけする高齢の女性が通りかかり

『毎年楽しみにしているのよ… もうね歳だから今年も見られたなって…

ありがとうねっ…』と

『ジャスミンも満開だし、これからバラも、ユリも紫陽花も咲きますよ

ひとつ、ひとつ、楽しんでいたら、すぐ来年になっちゃいますから…』と

立ち話

そんな穏やかで平穏な日常こそが幸せなんだと思う

こんな日々が、ずっと続きますように…と願わずにはいられない

早朝、東京メトロは止めたのに原発は動いているんだね…

| | コメント (0)

2017年4月28日 (金)

トルコモザイクランプ

谷中のトルコランプのお店『ZAKUROらんぷ家』の

ワークショップを申し込んでいたので、制作に行ってきました

その前に本行寺(月見寺)へ

Dsc07116

Dsc07118

Dsc07119

見晴らしの良い所に立っているため『月見寺』とも呼ばれていたそうです

太田道灌が建てた物見塚の跡でもあり

後にそれを読んだ小林一茶の句

「陽炎(かげろう)や 道灌どのの 物見塚」と、句碑があります

Dsc07115

お馴染み、夕焼けだんだんから谷中ぎんざへ

Dsc07121

Dsc07124_2

先ず、デザインを決めるのですが… 

迷う、迷う、もう、どうしたいのかサッパリわからない(笑)

Img_9572

デザインが決まったら、お店の方がガラスに糊をつけてくださるので

そこにガラスを貼っていきます

Img_9574

Img_9576

模様を貼り終えたら、空いているスペースにビーズを貼ります

Img_9577

約2時間弱で

Dsc07127

Dsc07128

出来上がり、仕上げはお店の方がやってくださいます

完成まで約2週間ほど

さて、どんなランプが出来上がるのか、楽しみ~♪

すごく楽しかったのですが…

なんか…

考えていたデザインと違うのよね…

ナゼダロウ…(苦笑)

Dsc07134

谷中名物、しっぽやのしっぽドーナッツをお土産に

Dsc07133

帰宅しました

ワークショップ癖になりそう…(笑)

『今日の御朱印』

Dsc07137

| | コメント (0)

2017年4月26日 (水)

アルペンブルー

17年前、母の日のプレゼントに貰って

毎年、毎年、健気に花をつけていたアルペンブルーが

ブライダルベールのこぼれ種の旺盛な繁殖力に負けてしまい

すっかり姿も形もなくなってしまったので…

昨年から苗をさがしていましたが、今日やっと入手できました

Dsc04157

特別、高価なわけでもゴージャスなわけでもなく

どちらかというと花壇の脇役的な花ですが

Dsc07111

星型のキリッとした色と表情がとても魅力的だと思う

また星降る花壇になりますように…

Dsc07100

お外作業終了後、オヤツに焼いて食べるチーズケーキ(観音屋)を

Dsc07096

君は何を見ているのかな…(笑)

Dsc07099

| | コメント (2)

2017年4月23日 (日)

癒しのスイーツはいかがでしょう

日々生活していれば

いや、この世に生きていれば

ちょっとした事に心が折れてしまったり

容赦ない時の流れに目が回ってしまったり

生きている実感がなくなってしまったり

己の存在価値がわからなくなったり…

うんざりすることや 耳も目も覆いたくなることや

苦しいこと 辛いこと 疲れてしまうことの渦の中にあっても

日常という敵と戦わなきゃいけない…

大切に思う誰かさんに

頑張っている自分に

ちょっと立ち止まって一息いれようよ!って

そんな優しい時間があってもいいと思う…

~*~*~*~*~

《黒糖白玉団子》

Dsc07068_2

(10コ分)

白玉粉…50g 水…大さじ3強 黒糖(粉末)…適量

Dsc07057

※白玉団子が出来上がったら、すぐに茹でられるように

  小さめのお鍋に水を入れ火にかけておきます  

 ① 白玉粉をボウルに入れ、水を少しずつ加え耳たぶの硬さになる様こねる

   (白玉粉は水分によく反応するので硬さを調整しながらこねる)

 ② ①を粘土細工の要領で細長く延ばす

Dsc07059

 ③ さらに10等分し、丸く成形する

Dsc07060

 ④ 手のひらに乗せ、平らにつぶし中央を窪ませて黒糖を置く

  (黒糖は塊だと溶けないので、できれば粉末のところを使用する)

Dsc07070

 (注:張りの無いシワシワの手は見なかったことにしてください)

 ⑤ 黒糖を包み込むように閉じ、軽く形を整える

Dsc07072

 ⑥ 出来上がったら沸騰したお湯の中に次々と落としていく

Dsc07065

 ⑦ 1~2分茹で、浮き上がってきたらすくい上げ冷水にとる

 ⑧ 軽く水気をきりお皿に入れて、きな粉や黒蜜をかけていただく

切ってみると、こんな感じです

Dsc07069

Dsc07067

お気に入りの器や、丁寧に入れたお茶と一緒に

いごこちの良いところで

のんびりツルンと召し上がってね heart01

| | コメント (4)

2017年4月22日 (土)

総お留守番風景

本日、ワンズ総お留守番

ニャンズも含め、それぞれ思い思いの場所でお昼寝の昼下がり…

Dsc07048

Dsc07055

Dsc07052

Dsc07050

Dsc07053

Dsc07054

Dsc07051

3時のおやつにと

さつま芋をマッシュにし、熱いうちに溶けるチーズと牛乳でのばした

スイートポテトディップをパンの乗せてトーストしたら…

Img_9554

ケーキのようなオヤツが出来上がり

背中には突き刺さるような視線…

Img_9556

はいはい、君たちのですよっ(笑)

| | コメント (0)

2017年4月20日 (木)

飼育の日

昨日の事

4月19日はゴロあわせから『飼育の日』となったそうです

近くの小さな動物公園でもイベントがあるとの情報を得て

ちょこっと行ってみましたよ…

Dsc06967

Dsc06977

Dsc06970

Dsc06991


気持ちよさそう…

Dsc06987

癒されるわ~

風が強かったので鯉のぼりも泳ぐ泳ぐ

そして写真は、ボケるボケる…

Dsc07007

Dsc07011

桜の季節も終わり、ゆったり静かな公園…

で、イベントは?

16日の日曜日に行われ、すでに終了(笑)

帰宅後、ジナンを乗せて三つ池公園へ

Dsc07018

こちらも、桜色の霞に包まれたような時期はすでに終わり

でも、青もみじなど若葉と八重桜のコラボが美しく

落ち着いたいつもの公園になっていました…

Dsc07020

Dsc07022

Dsc07030

朝からフルお外で頑張ったので

遅めのお昼は残り物でちょっとボリューミーなサンドイッチを…

Dsc07040

切なそうだなジナン…(笑)

| | コメント (2)

2017年4月19日 (水)

落合の追憶/画家のアトリエ

林芙美子記念館のある中井から下落合へ

佐伯祐三M31~S3(1898~1928)アトリエ記念館

Dsc06919

Dsc06922




Dsc06923

T13年渡仏し、ユトリロ、ヴラマンクに強く影響をうけ

15年に帰国後、下落合風景の連作の取り組み

S2年、再度渡仏するも翌年30歳で肺結核に倒れ逝く

『夭折の天才画家』と言われている画風はどこか哀愁に満ちている

Dsc06914

Dsc06915


中村彜(つね)T5~T13(1887~1924)アトリエ記念館

恋愛に苦しみ、病魔と闘った、激しく壮絶な37年の生涯を送った画家です

Dsc06951

Dsc06954

愛らしい外観から中に入ると

そこには彜の画家としての息遣いや足音が聞こえてくるような空間

Dsc06925

Dsc06924

Dsc06934

Dsc06933

Dsc06932

Dsc06929

Dsc06938

Dsc06946

Dsc06937

Dsc06930

Dsc06947


落合の記念館散策でした

Dsc06961

| | コメント (2)

2017年4月18日 (火)

落合の追憶/林芙美子記念館

かつて江戸近郊の農村であった落合地区は

明治以後も郊外の風致をよくとどめ

のどかな田園風景と閑静な住宅地がひろがる地域でした。

このような落合地区には、過密化が進む都心をはなれ

静かな創作環境や魅力ある風景を求めて

沢山の文化人が移り住みました。

小説家の林芙美子や舟橋聖一は長らく落合に住み

執筆活動の大半をこの地で行いました。

また、洋画家の佐伯祐三や中村彜(つね)はアトリエを建て

落合の風景を描きました。

このように落合には、六十名以上の文学者や芸術家が足跡を

残しており、戦災被害が少なかったこともあって

現在もその旧居が残るものがあります。。。。。(冊子 落合の追憶より)

~*~*~*~*~

林 芙美子 M36~S26(1903~1951)記念館

Dsc06910

Dsc06908

Dsc06893

Dsc06891

芙美子がこの自宅を建てるにあたり

『東西南北風の吹き抜ける家』であることを信念に

『何よりも愛らしい美しい家をつくりたい』と住み手の暮らしと安らぎを

第一に考えたそう。。。

Dsc06879

Dsc06887

Dsc06888

Dsc06883

Dsc06874

Dsc029181

館内公開日ではなかったので

外から撮ったため暗くてボツ写真ばっかり…(涙)

Dsc06875

アングルを探していると風でハラハラと最後の桜の花びらが落ちてくる

Dsc06885

Dsc06886

Dsc06900_2

季節の花々や木々に囲まれた庭園は

愛らしく、優しく、細やかでしなやかで、且つ力強い

まるで芙美子のよう。。。

「花の命は短くて、苦しきことのみ多かりき」

放浪記、再読しようかな… 続く

| | コメント (2)

2017年4月17日 (月)

崩れる前に

昨日に引き続きモワッと暑い朝でしたが…

夕方から低気圧が接近し荒れるお天気になるらしいので

咲き始めたクレマチスに萌えながら

Dsc06835

Dsc06836

Dsc06837

薔薇に支柱をたてたり、鉢を移動させたり、いろいろ作業

咲いていたラナンキュラスもきっと風で花びらが落ちてしまうので

切り花にして楽しむことに…

Dsc06868

最初に2本取り、支点を決めて交差させたら

支点中心にし一方向にスパイラルに重ねていき

支点をラフィアなどで固定させて同じ長さに茎を切りそろえると

自立するブーケが出来上がります… (←名前忘れた)

間違って切ってしまった蕾は切り戻したルピナスと

Dsc06833

とても静かで心地よい時間…

そして午後

お天気が崩れる前にワンズ全員で多摩川へ

Dsc06854

さあ、今日は入水OKですよ!

Dsc06843

Dsc06844

はしゃぐ兄弟の動きについてずフレームアウト(笑)

Dsc06846

ぼくのゴキゲン顔に比べて後ろのお方の渋い顔ったら…(爆)

Dsc06859

Dsc06861

あーこだって走るときは走る!

Dsc06849

Dsc06855

1_dsc06856

Dsc06865

この季節、こんなきれいな光景が広がっていること

来年まで覚えておかなきゃ!

Dsc06853

只今16:30 やっぱり雨が降り出しました 

行って良かったわ

| | コメント (0)

2017年4月16日 (日)

我も我も…

今日は夏日になるかもしれないと…

朝から強い日差しが降り注いでいます

そんな中、クレマチスモンタナが我も我もと続々と開花

Dsc06816

Dsc06815

Dsc06817

Dsc06821

Dsc06823

午後には更に開花が進むでしょう♪

| | コメント (0)

2017年4月14日 (金)

小さい春爛漫

時折、吹く風で桜吹雪が舞う中

ジナンとご近所散歩

Img_9507_2

Img_9510

Img_9514

Img_9524

二人ともゴキゲン♪

家の中にいるにはもったいないようなお天気なので

花がら摘みや草むしりをしていると

Dsc06788

お友達ワンコが通ったり、ご近所さんが通ったり

全く知らない方に声をかけられたり…

お花がきれいですね~とか

この子は何という犬種ですか?とか(いつも純粋な雑種です…と答える)

皆様、心地よいお天気で優しい笑顔で

気持ち良い一時。。。

桜も満開なら我が家のイベリスも満開

Dsc06796

どの子が一番乗りするのかしら… 

クレマチスモンタナ

Dsc06783

Dsc06799

根まで枯れてしまったのではないかと、いつも心配になる

アスチルベや姫うつぎなどの宿根草チームも元気に新しい葉が出てきました

Dsc06806_2

こちらは、チーム食材

Dsc06793

Dsc06804_2

チーム薔薇

Dsc06808

Dsc06789

Dsc06791

保育園児に人気のコ

Dsc06794

いつも「ネコさんがんばれっ!ネコさんがんばれっ!」って応援してくれる(笑)

小さいワンちゃんこんにちは!とご挨拶も。。。

Dsc06795

家の中まで聞こえてくる愛らしい声に、私もほっこりです。。。

Dsc06803

Dsc06792

小さい我が家の小さい春爛漫 happy01

| | コメント (0)

2017年4月13日 (木)

砂澤ビッキ/山口蓬春

先日、ふらっと鎌倉に行ったときに

偶然目にしたポスターに目が釘付け…

Img_9498

さっそく昨日、神奈川県立横浜近代美術館葉山へ

一昨日は冷たい雨が一日中ふる冬の一日でしたが

昨日はお散歩日和で海も美しく、非日常を楽しめました

砂澤ビッキ(1931~89)

アイヌを両親に持つ北海道を代表する彫刻家です

今回の展示は本州の公立美術館では初めてとなるそうです

1978年から音威子府(おといねっぷ)の山の中に籠り

大自然の中、風と木の声に耳を傾け

そこに宿る生命を感じながら製作した作家です

午前3時に、なにかの「ひらめき」を感じることがあったという神秘性も…

同じ海でも、オホーツク海と太平洋では違うように

作品がその場所にあってこそ、より鮮明に伝わる空気感ってありますよね

いつか音威子府の記念館も訪れてビッキの心を感じたいなぁ

美術館の脇をぬけて海へ

Dsc06707

Dsc06719

勝手に撮ってごめんなさい…

Dsc06710

砂浜のビッキ?

Dsc06717

Dsc06723

Dsc06714



何度か来ているところなのに、まだ行っていなかった山口蓬春記念館

Dsc06744

アトリエから

Dsc06731

庭園の木々の向こうは海

Dsc06734

あまりの心地よさに暫し放心…(笑)

良くお手入れされた庭園には季節の植物が

さりげなく溶け込むように咲いていて

日本画家のお庭らしい

Dsc06740_2

Dsc06741

Dsc06746

Dsc06751

Dsc06752

Dsc06762

Dsc06763

偶然撮れてたボタンの葉に浮かぶハートの滴

Dsc06769

なにかいい事あるかしら…

| | コメント (2)

2017年4月10日 (月)

鎌倉 妙本寺

明日はまた雨の予報なので

午後から鎌倉の妙本寺へ

途中、おめんさまで黒椿を

Dsc06651

妙本寺参道から脇道に入ったところにある蛇苦止堂(じゃくしどう)

ちょっと寂しげな佇まいです

Dsc06662

Dsc06657

桜やカイドウが満開を迎え、訪れる人も多い妙本寺の中にあっても

ここはひっそりと静寂に包まれています…

参道に戻り、青もみじに覆われた二天門をくぐると

Dsc06667

満開の木々が目に飛び込んできます

Dsc06700

Dsc06672

Dsc06676

Dsc06677

Dsc06678

Dsc06680_2

Dsc06686

Dsc06691

Dsc06695

Dsc06703

明日は風も強いのかしら…儚いなぁ

夕方、多摩川へ

Img_9490

Img_9485

Img_9488

美しい花と美しい夕焼けが見られた、とてもシアワセな一日でした…

| | コメント (0)

2017年4月 7日 (金)

お写んぽ

Dsc06571

Dsc06572

昨夜からの雨の跡が残る朝

去年のこぼれ種で砂利の中から芽を出していたパンジーを

バラの鉢に植えておいたら開花!

Dsc06573

特別愛おしく思えます

午後から雲も切れてきたので、ご近所にお写んぽへ

Dsc06581

ここには歩道橋があって上からも撮れるのですが

高層ビルのせいか強風で…

Dsc06582_2

間に合えば、桜の海に再チャレンジしようっと

K2キャンパスへ

Dsc06626

淡い桜色、菜の花の黄色、花桃の濃いピンク、色とりどりのチューリップ

様々な春の色と去りゆく季節の椿や白モクレン

季節が交差する場所でした…

Dsc06595

Dsc06599

Dsc06609

Dsc06607

Dsc06632_2

Dsc06630

桜を撮るつもりだったのに

Dsc06611

Dsc06612

Dsc06614

レンゲの愛らしさに心奪われる…(笑)

| | コメント (2)

2017年4月 5日 (水)

池袋

鬼子母神様にご挨拶

Dsc06479

鬼子母神の鬼という字に角がありませんね

こちらの鬼子母神像は、幼児を抱いた菩薩形の美しいお姿をしているので

とくに角(つの)のつかない鬼の字を用いているのだとか…

Dsc06480

Dsc06483

御朱印をもらい池袋方面へ

自由学園明日館 (みょうにちかん)

Dsc06534

Dsc06535

現在は東久留米に移転している自由学園の創立当時の校舎で

フランク・ロイド・ライトと遠藤 新の設計によって

大正10年に中央棟、14年に東棟、昭和2年に講堂が建てられました

講堂を中心にシメトリーになっています

Dsc06498

Dsc06485

椅子の愛らしさに萌え萌え…

Dsc06486

Dsc06488

Dsc06487

建物だけではなく備品や照明、細部までこだわり

随所に子供の教育の場という意匠を感じることができます

こんなステキな温かい学校で過ごせたら幸せですね

Dsc06494

Dsc06501

Dsc06506

Dsc06510

Dsc06511

Dsc06515

桜の満開はもう少し先

Dsc06517

Dsc06521

Img_9467

光が降り注ぐ講堂でお茶もいただけます

季節限定のクッキー付き

Dsc06526

一日中、いられそう… また訪れたい所です

大満足なお散歩でした

おまけ

Dsc06464_2

宣教師館から鬼子母神へ向かう途中

桜の花が散乱している気を見つけ上を見てみると…

なんと綺麗な大きいインコが!野生?

鬼子母神御朱印

Dsc06545_2















| | コメント (2)

2017年4月 4日 (火)

雑司ヶ谷

今日は春らしい穏やかなお天気

雑司ヶ谷から池袋にかけてお散歩してきました

Fullsizer_4

駅から住宅街の中を歩き

敷き詰められた煉瓦にかわいらしい洋館の絵が埋め込まれた小道を行き

『旧宣教師館』へ

Dsc06437

明治40年、アメリカ人の宣教師マッケーレブが自らの居宅としてに建てたもので

第2次大戦により米国へ帰国する昭和16年までの35年間にわたり居住しました

今年で築110年ですね

カーペンターゴシックといわれる様式で

アメリカ郊外住宅の特色を写しているそうですが

格子天井の竹張りはどこか日本的です、文化の融合?

Dsc06415

Dsc06416

Dsc06417

Dsc06418

Dsc06434

Dsc06420

Dsc06430

Dsc06438

Dsc06440

Dsc06463

Dsc06445

Dsc06456

Dsc06462

Dsc06447

Dsc06452

春の陽光が満ち溢れたガラス張りの洋館は

明治から昭和の大きな変動の中

異国の地で布教に励む宣教師の孤独や希望、信念を

優しく包み込んでいたのでしょうね…

こちらも可愛い一両編成の都電荒川線

Img_9458

鬼子母神参道のリノベーションされた古いアパートにある

キアズマ珈琲で腹ごしらえ

21222416668_310c5779a5_o1

Dsc06469

Dsc06471

Dsc06473

Dsc06476

かつて手塚治虫が住んでいた並木ハウスは

この裏手の現存しているそう

昭和にタイムスリップしたようなノスタルジックな空気が心地よく

美味しいコーヒーでまったりできました

やっぱり、昭和だなぁ…(笑)

栄養補給後、鬼子母神様にご挨拶をして池袋へ…つづく

| | コメント (2)

2017年4月 3日 (月)

横浜お散歩

横浜お散歩

日本大通の横浜公園から

Dsc06358

Dsc06362

Dsc06368

Dsc06370

Dsc06372

Dsc06363

Dsc06382

Dsc06354

Dsc06391

クイーン(横浜税関)を通り

Dsc06397

赤れんが倉庫

Dsc06400

Dsc06398

パシフィコ横浜で開催中の日本フラワー&ガーデニングショウへ

Dsc06402

Dsc06403

今年のテーマはバラだったけど

私が欲しかった苗はなく…残念

Dsc06410

でも、お天気も良くて気持ちの良いお散歩でした…happy01

| | コメント (0)

« 2017年3月 | トップページ