2017年5月22日 (月)

花好きさんもいろいろ

畑のお隣に

『どうぞご自由にお持ちください』と書かれた台の上に

ご自宅で増えた花苗を置いていらっしゃるお宅があって…

先日、お家の方がいらしたので「いただいてもいいんですか?」と

声をかけ、頂戴してきたユキノシタが見事に開花しました

Dsc08084

ウサギの耳の様にピョンとした2枚の花弁が特徴的な

清楚で可愛らしく、日陰でも咲く健気な花です

Dsc08089

こぼれ種で増えてしまったり、切り戻しで増やした株も

こんな方法で花好きの方の手に渡るのもステキだなぁ。。。



自分以外の人には分からない思い入れって、お花にもあるわけで

例えば、大切に思っている誰かがプレゼントしてくれたものだったり

何かの記念だったり、忘れたくない誰かを想ってだったり

いろいろ…

狭小住宅で植物には厳しい条件の我が家

それでも鉢植えだと、日照時間にあわせておき場所を変えたりできるので

東向きの門扉前にバラの鉢を集めていました

とても、とても、大切にしている白バラのアイスバーグも

今年は見事に満開になり、道行く方々も楽しんでくださっていたのですが

なんという事か…無残に引きちぎられている枝が数本

Dsc08095

縦に繊維があるので、そう簡単にポキッとは折れません

きっと引きちぎり、むしり取ったのですね…

もちろん、一声かけていただければ切って差し上げるし

せめて、せめて、鋏を使ってほしかったと思う

ただ欲しかっただけ?きっと本当の花好きではないのでしょうね

この花を想う私の心まで引きちぎられたように思えて

とても悲しい。。。。

Dsc08092

Dsc08093

Dsc08094

Dsc08091

そんな出来事にも負けず、もうしばらく咲き続けてくれそうです

もちろん場所は移動しましたけどね せちがないなぁ…

| | コメント (1)

2017年5月21日 (日)

調理実習(9回目)

金沢から帰宅して

バタバタしているうちに調理実習となり…

今回はお馴染みのメニューをちょっと目先を変えて

Dsc08054

めっちゃ簡単(こんなメニューでいいのかしら?笑)

Dsc08053

材料も少ない…

でも、でも、あっという間に出来上がって

手抜き感なく、美味しく、コスパも良し!

だからいいよね

Dsc08059

Dsc08061

Dsc08060

デザートに金沢土産

Dsc08062

どんだけ御朱印好き?(笑)

次回は、真夏の7月下旬開催予定です

(キュウリとかトマトとか、畑野菜使おうかなぁ…)

| | コメント (0)

トルコモザイクランプ

いつも感じるのですが

旅行から帰宅すると一気に季節が進んだなぁ…と思います

ずっといると分からないのにね

先日、谷中で制作してきたランプが出来上がっているとの

連絡を頂戴していたので引き取りに行ってきました

お店で作った時がコレ

Dsc07127

ビーズが落ちないようにメジを入れてもらって

出来上がったのがコレ

Dsc08076

所々ビーズが取れちゃったんだか

メジに埋め込まれちゃってるんだか

付けた記憶の無い所にビーズがくっついていたり…

なんだかビミョーな感じで持ち帰ってきました

でも、せっかくなので点灯してみると…

Dsc08078



さらに暗くなってから灯してみると

あら、ちょっとイイ感じ?

Dsc08082


なんか…

また作りたいモザイクランプ(笑)

| | コメント (2)

2017年5月20日 (土)

春旅⑥ 金沢

たった2泊3日なのに、記憶に残しておきたい所ばかりで…

フォトジェニック金沢

『尾張町』

金沢経済の中心だったところで間口の広い老舗の建物が残っています

Dsc07891

Dsc07895

Dsc07896

Dsc07898

Dsc07899

Dsc08006

Dsc08004

寺島蔵人邸

Dsc07987

Dsc07989

Dsc07986

ドウダンツツジの巨木が楽しめる庭園ですが

すでに花は終わり、新緑に包まれていました

Dsc07965

Dsc07971

Dsc07973

Dsc07977

Dsc07979

Dsc07982

Dsc07983

百万石通りから一本入り込むと昔の建物がありますが

すでに朽ち始めていて…

Dsc07990

Dsc07991

Dsc07992

Dsc08000

Dsc08002

古い建築物を補修、維持していくことが難しいのでしょうね…

『武家屋敷跡』

あれ… 見返してみると写真が1枚しかない(しかも自転車主役… )

写真も雑になってきたし、ちょっと歩き疲れていたのかも…(笑)

Dsc08011

お三味線のお稽古の音色が静かに聞こえてくる『にし茶屋街』

Dsc08014

Dsc08015

Dsc08016

Dsc08018

Dsc08021

Dsc08022


Dsc08025

愛らしいお雛様に見送られ、空港に…

Dsc08034

Dsc08033

えっ… 乗らないと帰れない(笑)

Dsc08032

時間に余裕をもって空港に行ったのに

なんと予定の便が1時間近く遅れるというアクシデント…

おかげで、たっぷり充電できました(笑)

Dsc08037

春旅 金沢 回顧録はこれにておしまい

はぁ。。。。。。。 今すぐにでも また行きたい(笑)



《御朱印》

Dsc08064

Dsc08065

Dsc08067

| | コメント (2)

2017年5月19日 (金)

春旅⑤ 金沢

お茶屋街の昼と夜…

『ひがし茶屋街』

観光客で(自分もだけど…)とても賑やか

Dsc07764

Dsc07771

Dsc07775

Dsc07866

お店も閉まり始めた頃、寺院散策から戻ってくると

落ち着いた街並みになっていました

Dsc07862

Dsc07867

Dsc07856

Dsc07865


Dsc07858

Dsc07861

陽が落ちてくるにつれ表情が変わり

Dsc07850

夕食にめっちゃ美味しいピザと焼き野菜をいただき

Dsc07871

Dsc07872

Img_9662

お店からでると更に艶っぽい街並みに…

(ここでついにカメラのバッテリーが切れiPhpone撮影)

Img_9664

Img_9667

浅野川を挟んで向かいにある

『主計町(かずえまち)茶屋街』へ

Img_9671

すっかり暗くなり、お茶屋街の雰囲気満載です

Img_9669_1

ふらふら散策し、BARで夜を楽しむことに

Img_9684

Img_9672

Img_9679

いごごちの良い空間で、しっとりした時間を味わえてもう大満足

大人って素敵…

あまりに素敵だった主計町茶屋街、朝の表情も見たくて再び

Dsc07903

Dsc07904

Dsc07907

Dsc07909

Dsc07911

Dsc07920

Dsc07921

Dsc07913

Dsc07929

Dsc07930

Dsc07943

Dsc07944

前夜、楽しんだ『Bar 一葉』

Dsc07947

Dsc07946

五木寛之が作品の中で命名したという『あかり坂』

53eeae54a6eff1

Dsc07945

こちらは、人目を避けてお茶屋に通う旦那衆が通ったという『暗がり坂』

Dsc07933

Dsc07938

Dsc07932

趣のある路地が魅力的な茶屋街です…

| | コメント (2)

春旅④ 金沢

盛りだくさんの金沢、残しておきたいことが多すぎて終わらない…(笑)

ひがし茶屋街を抜けて、50もの寺院が集まっている

卯辰山寺院群 心の道へ

Top_map1_3

Dsc07776

「慈雲寺」

Dsc07777

Dsc07780

偶然、外に出ていらしたご住職様が

とても丁寧に説明してくださりました… 

「蓮昌寺」

Dsc07783

Dsc07784

Dsc07788

Dsc07790

でも…鍵かかってた

「西養寺」

Dsc07793

Dsc07795

Dsc07796

「本蔵寺」

Dsc07800


Dsc07805

Dsc07806

「本法寺」

Dsc07814

Dsc07807

Dsc07808

Dsc07809

Dsc07811

Dsc07812

たわわなサクランボを鳥たちが食べる姿を

見守られるご住職様の眼差しがとても優しくて

お別れ際にお煎餅を頂戴しました… 

「心蓮社」

Dsc07815

Dsc07816

Dsc07819

「光覚寺」

Dsc07823

Dsc07820

「全性寺」

Dsc07836

Dsc07825

Dsc07828

Dsc07829

Dsc07835

法要前のお忙しい時にもかかわらず、気持ちよく御朱印を書いてくださり

本堂にも上げていただけました…

「円光寺」

Dsc07838

Dsc07837

冷たいお茶を頂戴し、喉の渇きをいやすことができました

「宇多須神社」

Dsc07848

Dsc07846

Dsc07847

出会ったご住職様や奥様、どの方も皆お優しくて

心温まる一時が過ごせ、本当に感謝です…

昔の面影残す町並みをみながら

夕暮れのひがし茶屋街へDsc07840

Dsc07841

| | コメント (2)

2017年5月18日 (木)

春旅③ 金沢

尾山神社から

金沢最古の神社『石浦神社』へ

Dsc07700

Dsc07703

Dsc07706_2

Dsc07710

金沢県立美術館広坂別館

Dsc07715

Dsc07716

Dsc07721

Dsc07722

Dsc07723

Dsc07725

金澤神社

Dsc07728

Dsc07731

Dsc07735

Dsc07741

Dsc07733

Dsc07739

足や尻尾にまで…

Dsc07737

Dsc07738

前田家の奥方御殿『成巽閣

Dsc07760

Dsc07762

残念ながら室内は写真NGなので

絢爛な欄間や可愛らしい物々は写真には残せません…

Dsc07746

Dsc07755

Dsc07757

鮮やかな赤だったのでしょうか…

Dsc07759

今や見かけない畳の表替え

Dsc07751

この後、ひがし茶屋街から卯辰山寺院群へ…

| | コメント (2)

春旅② 金沢 

金沢は昼の顔と夜の顔を持つ街だと思う

その表情の違いを味わう事が出来ました…

小松からJR北陸本線で金沢へ

~初日 夜~

『尾崎神社』

Dsc07633

Dsc07628

黄昏の中に浮かび上がる朱赤の社殿が風情がある神社

Dsc07629

外国の方もカメラを手にお散歩されていました

尾山神社

和・漢・洋折衷様式の神門に埋め込まれた

ギヤマンがライトアップされ可愛らしさに拍車をかけていますね…

とてもステキ!

Dsc07634

Dsc07637

Dsc07639

Dsc07643

Dsc07645

Dsc07640

『21世紀美術館』

夜の美術館って新鮮

Dsc07646

Dsc07649

Dsc07651

レストランは貸し切り中

~二日目 朝~

『尾崎神社』

徳川家の葵の紋があちこちにちりばめられている朱塗りの神社は

さらに鮮やかで、東照宮の小さい版

Dsc07654

Dsc07655

宮司様がお留守の事も多く、御朱印が貴重らしいのですが

朝早い時間にもかかわらず、気持ちよく書いてくださり

金沢観光についても教えていただきました…感謝

『尾山神社』

Dsc07684

Dsc07692

Dsc07689

こんなに広いとは… さすが前田家

Dsc07661

Dsc07662

Dsc07671

Dsc07681

Dsc07679

Dsc07686

おまけ付きおみくじを引くと

Dsc08042

ごもっとも…

『21世紀美術館』

月曜休館…(また、やってしまった 笑)

| | コメント (2)

2017年5月17日 (水)

春旅① 金沢 那谷寺編

今年の春旅は5/14から

ずっと、ずーっと、行きたかった金沢へ…

雲の上はいつも青空

Img_9653

小松空港から、小松駅前まで行き那谷寺 (なたでら)へ

開創千三百年、特別ご開帳となっています

『山門』

Dsc07480

Dsc07481

Dsc07482

写真が多すぎて(笑)

白山信仰の自然の曼陀羅寺院の

雰囲気が伝わればいいなぁ…

『金堂』

Dsc07488

Dsc07487

Dsc07622

『書院 三尊石琉美園』

Dsc07491

Dsc07497

Dsc07498

Dsc07549

Dsc07511

Dsc07547

Dsc07513

『参道』

Dsc07483

Dsc07533

Dsc07536

Dsc07537

Dsc07618

Dsc07501

『本堂』

Dsc07551

Dsc07557

Dsc07531_2

胎内くぐりを終えて外に出ると自然の姿の大きな池が…

Dsc07562

ありのままの姿が美しいと思えます(邪念を落としていただいたのかしら…)

Dsc07568

Dsc07585

Dsc07583

Dsc07586

Dsc07588

Dsc07598

『若宮白山神社』

Dsc07603_2

Dsc07606

Dsc07608

Dsc07610

一息入れて

Dsc07530

たっぷり山歩きをして、いよいよ金沢へ…

| | コメント (2)

2017年5月12日 (金)

命日

4年前の今日も、今日のような空で暑かったなぁ…

今日は昨日の続きで

昨日は一昨日の続きで

明日は今日の続き…

そんな幾たびも繰り返される日々で私達の物語は綴られていくのだけれど

4年前の今日で途切れてしまった物語り

Dsc07466

昨日の蕾は今日を待っていたかのように開き、あの日と同じ姿を見せてくれ

まるで、『忘れていないわよ…』と言っている様に思える

有難う…と呟き、鋏を入れ飾ってあげた

メイ、今年もアイスバーグが咲いたよ

Dsc07469

私たちは、どんなに大切に思っていても失い続ける

手の中にある、大切な人も、愛しい生き物も、執着したモノも

ひとつ、ひとつ…

それは、ある日突然だったり、少しづつ長い時間をかけてだったり

幸せな気持ちで見送ったり、悲しみにくれたり、呆然としたリ

圧倒的な喪失感に打ちのめされたり…

それが年を重ねるということ、生きていくという事かもしれない

でも、失うことを恐れてはいけないよね

まだまだ物語りは続くのだから…

| | コメント (0)

«お外deリース作り