2018年11月 8日 (木)

上野リベンジ

先日、行列に心折れ観てこなかった展示へ

日時指定入場制とのことで

並ばずに入れそうな時間を狙って行ってみましたが…

甘かった!(笑)

20分程かけて館内へ

そこは想像通り、2重3重の人垣でした…

フェルメール展

Img_2699

今回の収穫は

現存する35点のうち8点が展示されている中で

3点(左・真珠の首飾りの女 右上・手買いを描く女 右下・リュートを調弦する女) 

Page1

着用されている黄色いサテンの洋服が

フェルメール没後、財産目録に記されていた…という豆知識でしょうか

混雑の展示は早々に引き上げ

ちょっと惹かれていた東京国立博物館へ

快慶・定慶のみほとけ

Fullsizer

京都、大報恩寺の秘仏 釈迦如来坐像や十大弟子立像などを

静かで広々とした展示室で、360度、至近でマジマジと観る事ができます

ホントに素敵!

定慶がつくりあげた《六観音菩薩像》の聖観音像は撮影OKでした

Dsc05798

Dsc05799

Dsc05800

国立博物館庭園

Dsc05804

Dsc05807

Dsc05810

立冬とは思えない暖かい穏やかな日の上野お散歩でした…

記念御朱印

Dsc05813

| | コメント (0)

2018年11月 6日 (火)

わんキル ダッタン&カルア

今日は、お客様です

Dsc05787

Dsc05794

懐かしいダッタン&カルア

ジナンはご対面の挨拶を済ませると

思いがけず主役の座を奪われ、ふて寝状態になりました

目が物語ってる…(笑)

Dsc05789

そして見なかったことにしよう…的なカンジ

Dsc05791

ご依頼を受けていた、ダッタン&カルアのわんキル

以前、近況をお知らせいただいた時の海の写真を背景にしました

雲一つない真っ青な空が印象的だったので

あえて、ステッチも入れずに仕上げてみました…

Dsc05706_2

Dsc05700

W様、わざわざお越しいただきありがとうございます

久しぶりにダッタン&カルアと会えて嬉しかったです happy01

~*~*~*~

atelier祐の『わんキル』

年内は私のお勉強期間として

基本 A4サイズ 一頭 額装なしトップのみで

材料費として3000円でお受けします

多頭、サイズ等、ご要望があればご相談しながら制作してまいります

お写真をベースに、わんちゃんや飼い主様のイメージを考えながら作りますので

申し訳ございませんが

ご依頼は私と親交のある方のみとさせていただいております

~*~*~*~

| | コメント (0)

2018年11月 3日 (土)

鎌倉 一条恵観山荘

昨日のお出かけ

お散歩日和のお天気なのでガンガン歩けます(のんびりだけど…)

この日は12000歩+ワン散歩

鎌倉浄明寺の近くにある一条恵観山荘

370年ほど前、京都に建てられた公卿一条恵観の別荘(茶屋)を移築したもので

現在、国指定重要文化財に指定され一般公開されています

(庭園は随時公開、山荘内は別途申し込み要)

Dsc05745

Dsc05710

園内、いたるところにホトトギスが満開で

雅な大人紫が風情を醸し出していました…

Dsc05736

Dsc05748

今年は台風24号の影響で葉の痛みが目立ちますが

いくらか色づいてきた葉も…

Dsc05731

Dsc05732

Dsc05723

園内には数十種類の苔が生息しているそう…

Dsc05721

Dsc05750

Dsc05733

Dsc05761

Dsc05757

カフェにて

Dsc05765

Dsc05767

観光客でにぎわう鎌倉とは趣を異にする別世界で

Dsc05769

Dsc05771

Dsc05775

静寂に包まれた雅な非日常も駅に近づくにつれ

徐々に増えてくる人とともに現実へ引き戻されるのでした…

| | コメント (2)

2018年10月29日 (月)

わんキル 額装

わんキルは特別のご要望がない限り

トップのみでお渡ししております

お家の壁の色や、飾る場所、雰囲気など考えながら

額縁やマットの色を選ぶのもとても楽しい作業だと思います

一週間、二週間と時間を共にしたわんキルが私の手元を離れ

新たな命を吹き込んでいただけたようで

それはそれは、とても嬉しく思います…

ノエル&トロワ

Fullsizertoro

フク&ラク

Fullsizerfukuraku

ユパ爺

Fullsizeryupa

陶芸家、河井寛次郎の言葉に

『一人の仕事でありながら 一人の仕事ではない仕事』という言葉がありますが

まさに、この言葉の通り

わんキルも、わん、飼い主様、ご依頼主様と一緒に

作り上げていくものだと思っています…

~*~*~*~

atelier祐の『わんキル』

年内は私のお勉強期間として

基本 A4サイズ 一頭 額装なしトップのみで

材料費として3000円でお受けします

お写真をベースに、わんちゃんや飼い主様のイメージを考えながら作りますので

申し訳ございませんが

ご依頼は私と親交のある方のみとさせていただいております

~*~*~*~

| | コメント (0)

2018年10月27日 (土)

上野桜木あたり/子規庵

上野公園を抜けて、レトロな面持ちで有名なカヤバ珈琲を左手に見て

少し入り込んだ路地を行くと、タイムスリップしたようなところが現れる

古民家が3棟程連なり、カフェやビアホール、レンタルスペース

カヤバベーカリーなどが入った個性的な複合施設です

Dsc05630

Dsc05632

Dsc05635

Dsc05638

Dsc05637

Dsc05644

あちこちにあるベンチで谷中ビール片手にパンを食べるのも素敵かも

(運転が無い時に飲んでみたい…笑)

古民家の二階でまったりどんぶりランチを食べ、根岸の子規庵へ

Dsc05645

36歳という若さで逝てしまった正岡子規の終の棲家です

Dsc05680

飲むと痰が切れたり咳に効くという糸瓜(ヘチマ)を子規も庭で育ていました

子規の希望だったのかもしれない…

辞世の句にも詠まれています

をとヽひのへちまの水も取らざりき

糸瓜咲て痰のつまりし仏かな

痰一斗糸瓜の水も間に合わず

晩年の壮絶な闘病生活の痛ましさを感じます…

Dsc05654

子規の左足は伸ばすことが出来ず曲がったままだったため

立膝で書けるよう特別に指物師に作らせたという机

Dsc05674

Dsc05677

Dsc05652

窓からは

Dsc05650

子規を時にになぐさめ、時に勇気づけたお庭

Dsc05662

Dsc05660

Dsc05661

Dsc05667

Dsc05668

Dsc05666

子規が生きた明治の頃、この家からは上野の桜が見えたそう

漱石など文人が集い、語り合う姿を想像しつつ

お写んぽおしまい…

| | コメント (2)

2018年10月26日 (金)

上野/黒田清輝記念館

久しぶりに美術展に行こうと上野へ…

が、話題の展示は期待を裏切ることなく行列

なので

藝大のお向かいにある黒田清輝記念館

上島珈琲がある建物ですね

遺産の一部を美術の奨励事業に役立てるよう遺言したことを受けて

入館無料!そして館内写真撮影可なのです

重厚なドアを開けると素敵な階段が現れ

Dsc05606

Dsc05625

Dsc05608

壁に映し出される影も美しくて

Dsc05614

Dsc05626

誰もいない展示室へ

Dsc05613

Dsc05616

Dsc05617

静寂に包まれた中、日本を代表する洋画家の作品を

思う存分堪能できて…無料!素晴らしい

お高いチケットを買って、人の頭超しにチラ見のあげく人酔いするよりも

はるかに充実した時間を過ごせますね

| | コメント (2)

2018年10月19日 (金)

わんキルお知らせ/秋景色

オーダーストップしていました「わんキル」ですが

今月の目途がたってきましたので

ご依頼の受付を再開いたしたいと思います

お考えの方がいらっしゃいましたら

メール、LINE、TEL,口頭、通りすがり?などでお知らせくださいませ

~*~*~*~

atelier祐の『わんキル』

年内は私のお勉強期間として

基本 A4サイズ 一頭 額装なしトップのみで

材料費として3000円でお受けします

お写真をベースに、わんちゃんや飼い主様のイメージを考えながら作りますので

申し訳ございませんが

ご依頼は私と親交のある方のみとさせていただいております

~*~*~*~

さて、いつの間にか秋も本番ですね

Dsc05567

ジナンと久しぶりに三つ池公園へ

秋景色を拾ってきました

Dsc05593

Dsc05590


Dsc05587

Dsc05582

Dsc05575

Dsc05577

10月桜はちょっと寂し気ですね

ワン散歩もお出かけも、すこぶる快適な季節、寒くなる前に楽しもうっと!

| | コメント (0)

2018年10月16日 (火)

わんキル ジェイ

大好きな花、シュウメイギクが咲き始めました

本格的な秋になってきましたね

Dsc05567

今回のわんキルの主役は『ジェイ君』です

ショップの小さなゲージの中から暖かい家庭に迎えられたジェイ

でも…

その小さな体には抱えきれないほどの沢山の病が潜んでいました

病気と向き合う日々の中でも

暖かい春の日差しや爽やかな風を感じたりしながら

飼い主様と一緒に過ごした5年間は

ジェイにとって大変な病を上回るほど大きな幸せだったと思います

Dsc05553

Fullsizer_3

虹の橋を渡ってから7ヶ月

「ジェイの命をもう一度頂きありがとうございました…」と

こちらこそ、ジェイと彼に向き合う飼い主様の姿は

いつも感動的だったし、命を預かるという事の意味を

考えさせられました

ジェイを想う時

遺伝疾患などを無視した乱暴なブリーディングや

売れる仔犬を作り出すためだけのパピーミル

そんな人間が作り出した業界の深い闇に怒りと憤りを覚えます

でもねジェイ、君の崇高な命は、同じように苦しむワンコたちに

必ず希望を与えるに違いないから

あちらの世界でも、胸を張って自慢してね

ありがとう!

| | コメント (0)

2018年10月13日 (土)

わんキル ユパ爺

人様の愛犬を

爺とはなんて失礼な… (笑)

ユパ爺は12歳、13歳という立派なシニア期にレスキューされ

アクティブな飼い主様のもとで

失った時間を取り戻すかのように、山に海に湖に…と連れて行ってもらい

多くの事を経験し、7年という幸せに満ちた暮らしをし

今年の8月に虹の橋を渡りました…

そんな立派に犬生を全うしたユパさんは

敬意と愛情をこめて皆から『ユパ爺』と呼ばれているワンコです

Img_2553

飼い主様と一緒に行った思い出のネモフィラ畑の真ん中をイメージしています

Dsc05489

Dsc05544

ユパ爺が帰ってきたみたい!と喜んでいただきました

いつまでも色褪せない素敵な想い出の中で

ユパ爺が生き続けますように…

| | コメント (2)

2018年10月11日 (木)

わんキル フク・ラク

亡きメイさんを知る数少ないワンコのフクちゃん

ぼくの初めてのご近所散歩の時も

一緒に歩いたね、どんどんワンコが増えて

まるでハメルンの笛吹みたいだったっけ…

そんな昔からのワン友、おっとり柴のフクちゃんと

ジナンのGF、元気柴のラクちゃんの柴姉妹です

Dsc05427

お散歩コースの土手のサクラスポットをイメージして作ってみました

多頭の場合、レイアウトやアングルが難しいのですが

一枚に収めてみました

一頭の場合A4サイズで作りますが、これはB4サイズで作っています

Dsc05428

それぞれの個性が出ていると、とても喜んでいただけて

私もシアワセ happy01

~*~*~*~

atelier祐の『わんキル』

年内は私のお勉強期間として

基本 A4サイズ 一頭 額装なしトップのみで

材料費として3000円でお受けします

わんちゃんや飼い主様のイメージを考えながら作るので

申し訳ございませんが、ご依頼は私と親交のある方のみとさせてください

~*~*~*~*~

…と告知したばかりで恐縮ですが

有難いことに、予想以上のご依頼をいただいております

今月10月のご依頼は本日分の受付で終了となりました

なにしろ老体&手が2本しかないので…

お考え中方がいらっしゃいましたら申し訳ありませんが

ゆっくりお写真を選んでいただいて

来月11月にご依頼いただければと思います

ごめんね~

| | コメント (0)

«旧古河庭園