« 奈良Ⅲ 元興寺 | トップページ | 奈良Ⅴ 薬師寺 »

奈良Ⅳ 唐招提寺

たっぷり、ぐっすり眠って。。。窓から外を見ると

今、話題の平城遷都1300年祭の会場になっている

『大極殿』が見えます

Img_50731

。。。。。。。

ならば『朱雀門』は

Img_50741

。。。。。。

ま、確かに見えるわな(笑)

2日目も晴天過ぎるほどの晴天

いよいよ、ただ一つの目的を果たすために朝食バイキングで腹ごしらえをし

いざ『唐招提寺』へ!

Img_50751

8時30分開門、なんでしょ、この行列 この時点で8時15分くらい

Img_5079

普段は静かな所でしょうに。。。南大門の龍もビックリですよね

6月5,6,7の三日間だけ、御影堂のご開帳があり

国宝の鑑真和上坐像(社会科で習ったよね)と東山魁夷の障壁画を

観ることが出来ます

この障壁画をもう一度見たかった。。。。。

Img_50852

金堂でご本尊にご挨拶をし、御影堂へ。。。

なんと、すでに長蛇の列(涙)

行列大嫌いの私たちも、辛抱強く待ち続け

ようやく、障壁画の前に立つことができ。。。感激

緑青の澄みわたる海と白くくだける波の美しさ。。。の「涛声」

Img_51312

しっとりした空気、静寂な世界に包み込まれるかのような「山雲」(ポストカードから)

もう、ずっとずっと観ていたかった。。。

この風景、空気、香り、音、すべてを調和させている様に思いました

暑い中、長時間並んだ事などすっかり忘れ見入ってしまいましたねぇ

はぁ、また観たい。。。

Img_50881

Img_50941

Img_50951

Img_50961 

Img_5092

右近の桜、左近の橘(陰になっていますが。。。)

Img_50931_2

龍は。。。何か云われがあるんでしょうねぇ

絢爛さはないお寺ですが、落ち着いた空気が心地よいお寺です

大好きだなぁ~

さて、この後はご近所にあっても対極にあるような華やかなお寺へ向かいます

« 奈良Ⅲ 元興寺 | トップページ | 奈良Ⅴ 薬師寺 »

コメント

A学園ママ様

激しく信念を貫き失明した鑑真の
心の目で見える海であり山であり、風であり音であり。。。
それを感じた東山魁夷の美学ですね
ここに、こうして置いてこその
障壁画ですよねぇ

積み立てですか?
一ヶ月くらい貸し別荘でも借りますか(笑)

描くことは祈ること、という画伯の言葉そのものでした。
レクイエム、そんな言葉も浮かびました。
そして、また来たいと思いました!本当に、離れたくなかった。。。

また、行こうねっ!積み立てしなきゃ。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176261/48569539

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良Ⅳ 唐招提寺:

« 奈良Ⅲ 元興寺 | トップページ | 奈良Ⅴ 薬師寺 »