« 花教室とアニマルコミュニケーション「メイ編」 | トップページ | 締めくくり »

アニマルコミュニケーション『シッポ編』とその後

昨日書いたように、意外にもメイさんはアッケラカンとしたコでした(笑)

では、気になるシッポ姫は何を考え、思っているのでしょうか…

メイさんに、かなり時間を費やしてしまい短い時間でのACとなってしまいました

シッポは連れて行けませんから、写真を持っていきましたよ

コミュニケーターさんが、写真に手をかざし魂を呼び出します

そこでシッポは…

「ちょっとなによ!びっくりするじゃないのっ」と多少お怒りぎみ(笑)

メイさんには、今日はこんな人がお話を聞きにくるから…と言っていましたが、シッポさんには言い忘れてしまいました…(シッポ、ごめんね)

今、ママとNちゃんとメイと一緒にいるのよ!とコミュニケータさんが言ったら

「エーッ、メイも?」とあからさまに嫌な顔…(泣)

気を取り直して、こんな事があったけど…

2006年1月15日(日)
シッポ…

昨年、暮も押し迫った28日にシッポが突然体温低下をおこし病院に駆け込んだ 
体温は32度以下になり、脱水症状がひどく重篤な状態
なんとか持ち直したものの原因はいまひとつはっきりしないまま
すぐに回復し、いつも同様元気になる

060115_01320011_2 そして昨日夕方、恐れていた2度目の発作がおきた…
1回目の時よりも発見は早く、すぐに病院へ連れていけた筈
にもかかわらず…症状は急速に悪化 みるみる間に体温が下がって行く…
酸素吸入、ステロド、強心剤の注射、血管確保し点滴…
意識は遠のき、昏睡状態、瞳孔反応も無く時間だけが過ぎる
私はシッポのすべてを持ち帰りたくて…
血管確保のためにバリカンで剃り落とした前足の毛をそっと集めてティシュに包み、ポケットにしのばせる

060115_174711 心の中で何かを覚悟した瞬間…

気が付くとすでに6時間以上が過ぎ小康状態が続く
午前2時30分 心の中の何かを押し殺し、一時帰宅

午前9時 様子を見に病院へ
ゲージの中でシッポが呼びかけに返事をする
午前5時位に意識が戻ったようだ どうやら峠は越えた…
生命力のある子だ…先生の言葉がしみる
午後3時 迎えに行く 
やはり原因の特定はむづかしく、今は安静にし暖めること…シッポ用にしまいこんでいたコタツを出す
家に帰ってきて安心したのか、ぐったりと眠り込むシッポ…
3度目が無いことを祈る…

昨夜ご予定があったにもかかわらず
徹夜でご尽力下さった杉本先生には、本当に頭が下がります
言葉ではあらわせない感謝でいっぱいです

動物の生きる力を信じ、そしてすべてを受容しよう…そう思います

今の体調はどうなの?

「あの時は、ホント大変だったわ…でも今は大丈夫よ」よく覚えてるそうで、大変できつかったって言ってます、アナタだけじゃなくてママ達だって大変だったのよって言ったら「あー、そうよねぇ~」って今気がついたみたい(笑)(…今かよ)

一昨年の夏、子猫がいたけど嫌じゃなかった?

「何かしてあげたかったけど、どうしていいのか判らなかったの…」ですって、けして嫌だった訳ではないそうです、沢山いたんですねぇ~一匹づつ特徴を説明してくれています。(そっか…シッポにも子猫育て、参加させてあげればよかったね)

メイとは仲良くしないの?

「え~だって…」メイは何にも悪いことしないでしょ?あなた猫なんだからメイが嫌なら高いところに登ればいいじゃない?って言ったら「あぁ、そうねぇ」って、まんざらでもないようですよ…(意外と説得すれば大丈夫なのかも…)

シッポは思ったとおり、ちょっと気位が高くて我がままな自己チューさん、だから上手におだてて、その気にさせると良いようです(笑)そしてたまに釘を刺しておくこと…ですって!

ワンコやニャンコに変わることを求めるのではなく、心の声を聞いてこちら側が努力してあげることで、関係性を良い方向へ向ける…そのための方法として有効ですね

日本では、まだまだいぶかしがられるACですが、欧米ではすでに獣医さん、トレーナー、と共に受け入れられているそうですよ

Img_8941_600

メイさん、沢山おしゃべりしてスッキリした?

Img_8942_600

ここは、帰りに寄った成城のドックカフェ 物欲しそうなお顔ですね(笑)

Img_8951_600

さすがに疲れたメイさん、帰ったとたんウトウト…

そのころ、シッポ姫は「食べた~い!」と言っていた

Img_8944_600

お土産のネコ草に夢中!

Img_8947_600

でも、前足つらくないかい?(笑)

過去を払拭して、前に進もう!

« 花教室とアニマルコミュニケーション「メイ編」 | トップページ | 締めくくり »

コメント

そっかw
よかったぁー。
でも本当に生きて居ればこそですねぇー、しみじみ・・。
自己チューでもいいのだw
私がそうだから・・><

ぱぷー様

なるほど…
優等生と不良とは、確かに言い当てていますね(笑)
メイは過去の事なんて、とっくに清算して
明日を見て生きてるんだと判ったら
なんだか、私もチマチマ気にしてるんじゃないわよって!
なにか憑き物が取れたようなカンジがします
過去を気にするより、これからどう過ごすか…を考えたほうが
前向きで楽しいもんねー!

やっぱ母 様

まぁ、ご愛読ありがとうございます(笑)
この時はね… すんごい神経質になりましたよ
こんなふうになってみて、改めて存在の大きさに気づきました
AC、すごいよー!
メイが、拾ってもらったとか救ってもらったとか、そういう
肩身の狭い思いをせずに「招かれたの」って言えるのは
私達が暖かく迎え入れたからだ…と言われた時には
涙出そうになったよ 
こんな私にも感謝してくれてるんだもんなぁー
ますます親バカになりますわ…(笑)

メイちゃんシッポちゃん
アニマルコミュニケーションしたのですね。

以前、ぎんとかいもやりました。
ぎんは校庭でサッカーボールを
蹴ってる優等生
かいは体育館の裏でタバコ吸ってる
不良って感じだそうです(笑)

かいは、ぎんを馬鹿にしつつも
うまくやってるつもりだそうです。
(本気だせばぎんの方が強いのですが・・・)

ぎんは、かいがボクを好きになってくれたら
ボクも好きになってあげる。と言ったそうで・・

確かに微妙な関係なのですよ。

まさにそのとおりでした

ママさんの言うとおり、なんとなく
感じてる事だけど、確証がないって
事を教えて貰うとなんか
ホッとしますよね。

家もまたチャンスがあったら
やってみようと思います(o^-^o)

メイちゃんのお話・・・
ウルウルきました。
でも、幸せになって良かったね(゚▽゚*)

メイままさんのブログにはまっていた時期で~~
覚えてますとも・・・
とにかく驚きました!!2006年だったんだね・・・
改めて、
シッポちゃん・・良かったね~~
覚えてるんだ!!

メイちゃん!!明るく~~
良かった良かった!!

しかし~~凄いね!!志村動物園で見てたけど・・・
スゴイスゴイ!!←くどい??


しましま様

接触はなくても、シッポは判っていたみたいよ
小太郎達も、何日かはウチにいたしね
コミュニケーターさんが、クスクス笑う位説明してたよ
まっ、小太郎達が始めてじゃなくて
その前にも、2回保護してるんよ
シッポはよく覚えてるらしいわ 不思議ね(笑)
だから、きっと
小太郎にいろんなコト吹き込んでるかもよー(笑)

ちどりんちゃんへ

判りにくかったかな?これは2006年のコトです
これをきっかけに、私達のシッポ様と崇め下へも置かぬ甘やかし(笑)が
始まりましたわ…
ホントに一時は覚悟を決めたけど、無事こちら側へ戻ってきてくれ
何よりですよ、多少わがままでも自己チューでも許しちゃうもんね~
生きていればこそ…ですから

シッポさん、大変だったんだなぁ~知らなかったよ。
今は元気そうで何よりっす。
最後の猫草を食べてるカッコウ、小太郎がよくするんですよ。
接触はなくても伝授してたのかな?ははは

本当に大変でしたね・・。
もう読んでて涙でました。
自分とあわせて考えたら気が狂いそうです。
でも、よかったぁーー。
でも、これからしばらくは要注意ですね。
シッポちゃん頑張れーーーー!!!
生きる!生命力は愛の力に答えると信じています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176261/44193062

この記事へのトラックバック一覧です: アニマルコミュニケーション『シッポ編』とその後:

« 花教室とアニマルコミュニケーション「メイ編」 | トップページ | 締めくくり »