« アルペンブルー | トップページ | 早々と、お引越し! »

お知らせ

奇跡の母子犬「ひまわり」ちゃんが、収容されたその日から、ずっと見守り続けた山下由美さんの手で本として出版されました。

タイトル「奇跡の母子犬」PHP研究所 著書 山下由美

詳しくは、「動物達の未来のために」山下さんのブログで、彼女の想いをお読み下さい。

密かに応援してきた私も、嬉しい限り。彼女のパワーには、いつも頭が下がります。

もちろん、リンクページのバナーからも行けますよ!

Image272001 Image2701 我が家では、朝日新聞を読んでいますが、おまけに毎月「ドギー&キャッツ」という冊子がついてきます。

その中に、どういう方法で犬や猫を飼ったか?というアンケートがあり…

ショップ31% 友人から22% 拾った20% ブリーダー14% 里親会3%

里親会という選択肢があるということを、どうすれば多くの人に伝えられるのでしょう…

以前にくらべるとメディアでも、こうした取り上げが多くなっているように思います。

現在、個々の団体がバラバラに行っている里親会の情報を、一本化出来ればいいですね。そして、犬や猫を愛する人たちの気持ちが一つになれば…社会が変わっていくかもしれない。

いつまでも、同じ場所で足踏みをしている自分を見たように思います

自分に出来ることはナンだろう…

2_picture_4 《 ポチッと押してねバナー》を記事下に移動しました!よろしくね~

Banner_02 人気ブログランキング

Nanutabeta_bana

セカンドブログはこちら

« アルペンブルー | トップページ | 早々と、お引越し! »

コメント

おてんばネオ様

そうなのよね…
私にもっと力があれば…
PCオンチのスットコドッコイのオタンコナスですからねぇ
そんなサイトの管理人が務まるわけも無く
何かが降臨しないかしら…?

そうなんです!うちも里親会という選択肢には
思いおよびませんでした(悔)。里親会でうまい
運営システムを構築して全国組織と近隣をうまく
かみ合わせた(移送考慮)の店頭ショップと、
ネットショップを立ち上げるしかないような・・。
思いがけず家でたくさん生まれた場合も、何らかの
条件をもとに、委託したりと、良い循環が生まれるかも。
言うのは簡単ですね。また、中国では狂犬病感染が出始めた
ようで地球規模で考える必要があるような・・・人間様は
もすこし賢いはずですがね!


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お知らせ:

« アルペンブルー | トップページ | 早々と、お引越し! »